適度な距離感で切欠を作る

長ければ長いほど良い関係が築ける

物件を吟味している段階で値下げ交渉をしたところで、それは徒労に終わります。
値下げしたからといって契約を決めてくれる保障はありませんし、短期間の契約で終わってしまう可能性もあるからです。
しかし既に契約を済ませて実際に住んでいれば状況は変わってきます。
大家にとって長く住んでもらえるということは有難いことであり、その為であれば家賃の値下げを考えても良いという人もいます。
でもそれは日頃から大家とのコミュニケーションが取れていればの話です。
大して関わりのない人間に値下げを要求されても何だコイツと思われておしまいですよね。

長い目で見て値下げ交渉を考えているのであれば、大家との関係は良好であることが好ましいです。
少なくとも好意的に接しておいて損するということはありません。

あわよくばオマケしてもらえるという考え

大家との関係は後の敷金や礼金に影響を与えることもあります。
誤って壁などに傷をつけてしまった際、本来であれば退居時に敷金から修繕費として引かれます。
住んでいる時には気付かなくても退居時に修繕が必要な箇所が出てくるということはよくある話で、敷金が残るどころかそれだけでは足りないなんてことも有り得ます。
しかし大家との関係次第ではあまり大きくないような傷などであれば大目に見てもらえる可能性もあります。

金額は大きくなくても戻ってくる敷金が増えるということは、結果的に安く賃貸物件を借りるということに繋がります。
値下げ交渉に関しては大幅な成果を上げることは基本的に困難です。
少しでも安くなれば儲けもの程度に考えておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る