繁忙シーズンは良物件の争奪戦

交渉のタイミングを考える

不動産屋にて賃貸物件の契約をする際、言われるがままに契約を結ぶ人が多いですが、実は値下げの交渉を行うことも出来るのです。
さすがに家賃の値下げをすると、それに比例して敷金や礼金も下がってしまい相手からすると大損なのであまり現実的ではありません。
相手が家賃を大幅に盛っていて尚且つ、貴方がその事実と実際の相場が分かっている場合は交渉の余地はあるでしょう。
しかし交渉が成立したところで相場同等の金額になるだけ、デメリットが無くなっただけでありこちらにメリットは一切ありません。
その際には同業他社を引き合いに出しましょう。

商売であれば何に対しても言えることですが、競合相手の存在が結果的に値下げに繋がることは多いです。
契約を取る為であれば相手も多少の妥協はするでしょうから試す価値はあります。

攻めやすいポイント

賃貸にかかるお金において管理費や共益費いうものがあります。
これはアパートやマンションなどの部屋の中ではなく外、共用部分のメンテナンスや清掃などに使われるものです。
基本的に家賃とは別に管理費として徴収されることが多いですが、物件によってはこの管理費があらかじめ家賃に含まれていることもあります。

しかし管理費の高さがそのまま共用部分の状態の良さに直結するかと言ったらそうではありません。
中には管理費は取られているけど、共用部分の手入れがされていないことに疑問を持つ方もいるでしょう。
もしも管理費に見合った管理が出来ていないとかんじるのであれば、その点を攻めてみるのもありです。
相手を納得させることさえ出来れば管理費を値下げしてもらうことも難しくはありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る