賃貸物件の契約において安さを求めて狙っていきたいポイント

もっと安く!もっと良い物件を契約する方法

家賃が全てではない

進学や入社、人事異動による転勤など人の往来が激しくなる引っ越しシーズンの4月が過ぎ、不動産屋も落ち着きを見せてきた頃かと思います。
シーズン中は需要も高まる為、不動産屋は賃貸を求める人で溢れかえります。
それも利便性だけを考えて賃貸を選ぶ人も多く、手頃な値段の賃貸はすぐに満室となってしまうでしょう。
生活には家賃以外に光熱費や食費も当然かかってきます。
仮に6万円の賃貸を2年間借りたとすると家賃だけで144万円、それに生活費を足せば200万円どころでは済みません。
それを考えれば少しでも家賃を抑えたいというのは仕方ないでしょう。

しかし賃貸にかかる費用は何も家賃だけではありません。
使われるのは契約を終了して退去する時ですが入居前に支払わなければならない敷金や、退去時に大家へお礼の意味を込めて支払う礼金もあることを忘れてはなりません。
家賃がいくら安くても敷金や礼金が高ければ、結局高いお金を払うことになってしまいます。
物件ごとに敷金礼金は異なりますが一般的な相場はどちらも家賃の1ヶ月分から2ヶ月分とされています。
長い目で見れば安いものかもしれませんが、短期間での契約を考えているのであれば家賃が少々割高でもそちらの方がお得なケースもあります。
早く契約をしないと先を越されてしまうと焦るあまり、その辺りを考えずに契約してしまうと後に後悔することになります。
賃貸物件を探しているのは自分だけではありませんから考える時間に余裕があるとは言えませんが、それでも頭を冷やして冷静に考える時間も必要でしょう。

TOPへ戻る